オリジナル粘土「ピカリ」苦労話

教室で使っている粘土軽量樹脂粘土「ひらめきねんど ピカリ」
最初はモデルマジックというアメリカの粘土を使っていたのですが、輸入がなかなか入って来なかったりする場合があったので、作ってくれるところを探しました。


まずは中国で工場を探してもらいましたがいろいろな条件で合いませんでした。良いサンプルだと思ったら輸入規制にかかったり、数日でカビが生えたりかなり苦労しました。


国内でも特殊な粘土を相談して作ってもらえる工場はほぼありませんでした。そんな中ある工場で「作ってみましょう」と乗り気になってくれるところが出て試作に入りました。実はそこからが本当に大変で、出来るもの出来るものにダメ出しをしました。柔らかすぎても固くてもダメ、色の発色が良くないとかシワができる、粘土どうしがくっつかないなどなど・・・。


半年以上かかってやっと思っていたものがサンプルとして出来ました。それがひらめきねんどピカリです。
作ろうと工場を探し始めて3年半経ってました。長い・・・。本当にそこまで付き合ってくれた工場さんには感謝ですね。だってピカリがなかったらここまで教室も作品も出来なかったでしょうから。


ピカリの他、作品などもたまに販売しています。一度公式オンラインショップもご覧になってみてください。

Happy Clay Lab オンラインショップ

有料会員様は10%OFFでご購入いただけるクーポンを配布していますので、必ずクーポンコードをご記入の上、ご注文くださいね!


Please Login to Comment.