お気に入りキャラを作ろう!

粘土で自由に好きなキャラを作れたら楽しいですよね。
できますよ。完全に売り物みたいに作るのは大変ですが自分のアレンジで自分オリジナルでいいんだという気持ちで作りましょう。それが作品の味になります。
もちろん粘土の基本は踏まえて再現すべきポイント、省略していい部分と見極めて作っていきましょう。

ここから先は有料子供会員限定記事になります。
(ひらめきねんどピカリでの作り方)
↓↓↓↓↓↓
          

この先のコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員ではない場合 新規会員登録