【写真解説付】粘土で芸能人やお友達など似顔絵風作品を作るコツ

好きな芸能人の方を粘土で作れたら楽しいですよね。さらにお知り合いの方を立体作品にしてプレゼントなんかできたら喜ばれそうです。人物の顔の特徴を捉えて粘土を作るのは魅力的ですよね。簡単ではないですがぜひチャレンジしてみてくださいね。2次元の写真を見て3次元の立体を作るのですからある程度は自分の中で創作しないとなりません。

簡単なポイントのおさえ方もお教えしますね。
過去のテレビで紹介頂いた作品でご説明。

まずは・・・
・全て完全に似させようとしない。
 完全にまるっきり似ている顔を作ろうとすると少しでも本物と違うとバランスが悪くなります。特徴を捉えて強調できるところをつかみましょう。例えばメガネ、眉毛が太い、目がたれている、口がお大きいなど第3者の他の人が見ても「確かに」と言ってもらえるポイントをつかめると作りやすいですね。
====================================
*ここから先は無料会員登録いただくとご覧いただくことができます。

この先のコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員ではない場合 新規会員登録