光るクリスマスツリーに挑戦!

ピカリッジ12月のテーマは「クリスマスを飾ろう!」

3回目の今日は、子どもたちも大好きなLEDが光るクリスマスツリー作りに挑戦しました。

電気ってどうやってつくんだろう?
LEDはなぜ光るの?

電池のプラスとマイナスってなに?

知っているけれど、説明するのはなかなか難しいですよね。

子どもたちも、いきなり電流がこうで、電圧がこうで、と説明しても、なんとなくわかったようでよく分からないかもしれません。

とにかく、まずは電気は流れること、流れる向きがあること、正しくつなぐと電気がつくことを知ってほしいなと思い、ねんどを使って簡単な電子回路を作りました。

難しい道具は使わないので、幼稚園児さんでも遊びながら作ることができます!

今回はひらめきねんどピカリ以外に、電気を通しやすいねんどを使いました。

赤いねんどと青いねんどを使って、電池のプラスとマイナスにつなぎます。

ねんどとねんどの間に、LEDをつけてスイッチオン!

点灯!!

わ~~~と歓声があがりました。

その後、どういう時にLEDがつくのか、逆にどんな時にLEDがつかないのか、色々試しながら体験してもらいました。

せっかくなのでツリーの前に好きなものを作ってみよう!ということで、ねんどで何か作ってLEDを光らせてみることに。

カタツムリを作って目を光らせたり、お花をつくって光らせたり。

プラスとマイナスのねんどがくっつくと「ショート」してしまうので、電気がつかないね。
ショート自体はいい・悪いはないのですが、大きな電気が流れるので、電球が壊れたり、危ないこともあるんだよ、というと、子どもたちも真剣に聞いていました。

その後は光るクリスマスツリー作り。

今回は時間がなかったので、型を作いました。
ねんどを重ねて・・・・
電気がつくのかLEDをさしてスイッチオン!
無事につきました~~~~

 

最後にツリーの上を星や好きなモチーフで飾ったら、クリスマスツリーの完成!!

とっても盛り上がったので、ぜひワークショップでもまたやってみたいな、と思うプログラムでした。

最後にお知らせです。

1月20日月(日)に、ピカリッジ ワークショップを開催します! ワークショップ詳細 内容は、”ペンギンの家族” 南極に住むペンギンが寒さを乗り切るための秘密にせまります。 ねんどで作品制作はもちろん、腹ペコペンギンレースなどゲームを通して物理の概念や、思考力を養うアクティビティも用意しています! ぜひぜひご参加くださいね。

Please Login to Comment.