黒猫は本当は縁起が良いって知ってますか! 桜と一緒に作ってみましょう。

「黒猫が通り過ぎると縁起が悪い」と言われてきたのは『縁起の良い黒猫』が見向きもしてくれないで通り過ぎると運が悪くなるのでは?
という意味がいつの間にか黒猫自体が縁起が悪いと間違って言われるようになったらしいです。(諸説あります)
黒猫さん、よく見ると可愛いですよね〜。そんな黒猫さんが桜の頭になった作品を作りまーす。早めに作って花見を楽しんじゃいましょう。

おちゃっぴのねんどは手に着きずらく、ねんどとねんどはよく着きます。

接着剤や水を使わず作ることができます。(乾いたときには水を使う場合があります)
色がカラフルで混ぜれば新しい色が作れます。

動画を見ながら作って見てね。

1、黒2本をよくこねて30mmくらいの玉分は残しておく。

2、大きい黒をよくこねて玉にする。

3、白い玉10mmを2つレモン型にして目にする。押し込むよ。

4、7mmの黒い玉を白目の上に押し付けていく。写真をよくみて白目を残すところを間違えないようにね。

5、18mmの黒い玉を横長にして鼻の部分につける。

6、つまようじで真ん中にラインをつける。

7、白15mmに赤4mmを足してピンクに。

8、先ほどのマズルの上に鼻をつける。ピンク6mm

9、黒5mmの玉をナミダ型にして軽く全体をつぶし、あごの部分に差し込むようにして押し込んでいきます。

10、白い2mmの玉を黒目の右上につける。キャッチライト

11、黒い玉15mmを2つナミダ型、全体に軽くつぶして丸い部分につまようじをこすって2本くぼみを入れる。

12、それを頭の下から前足としてつける。

13、黒玉18mm2つつぶしながらなんとなくおにぎり型に。

14、白玉7mmをつぶして先ほどのおにぎり型の真ん中に押し付ける。耳

15、あみ棒やいらなくなった箸で耳をつける部分に深めのくぼみをつける。

16、くぼみに耳を差し込む。押し付けすぎるとシワになるので差し込む感じで。

17、黒15mm玉を細長くしてしっぽをつける。前から見えるように。

18、白25mmに赤7mmを混ぜてサクラ色に。

19、6mmくらいの玉を5つ、まずはナミダ型そして逆側もつまんでレモン型にしてつぶす。

20、その片方の先をハサミをVの字に入れて桜の花びらを作る。

21、5枚星型に並べてくっつける。(つかない時は少し濡らすと着きます)

22、その真ん中に白玉3mmをつけて桜の花。

23、これを5つくらい作って用意する。

24、桜をつけるところに濡らした指でくぼみを作りつけていく。

25、最後に形を整えて出来上がり。

日が当たらないように乾かしましょう。

今回の鬼は、黒1本、赤1本、黄色1本、緑1本で 作っています。
おちゃっぴのひらめきねんどピカリ 色が選べる7個セット 1,080円(消費税込・送料別)

おちゃっぴ公式オンラインショップ:https://ochappi.thebase.in/
おちゃっぴ公式ウェブサイト:https://www.ochappi.com/
Happy CLAY LAB (Youtube) :https://www.youtube.com/channel/UC7oUdgljDp_zQsd0BgWajdA
こかげそだちInstagram :https://www.instagram.com/kokagesodachi_ochappi/
作品たくさんインスタhttps://www.instagram.com/happyclaylab/

Please Login to Comment.