シンプルで可愛いのは注意

粘土でキャラの話となれば必ず出てくるのは「ピングー」
小さな頃見ましたか?実は私(おちゃっぴ)「ピングー粘土教室」やってました。2週間で600人とか教えたこともありました。イメージがしやすいんでしょうね。粘土とピングー。作りやすそうでしょ。でもね、意外に難しいんです。こういうシンプルなものを作るときこそ本物をちゃんと頭の中にインプットしないと失敗します。くまモンとかスヌーピーとかみんなが知っていて姿がシンプルな人は要注意です。作ったのはいいけど「可愛くなーい」「似てなーい」と言われることが多いんです。それはその人が持っているイメージがすでに出来上がっていて自分のキャラと見た雰囲気が違うと違和感が出るらしいです。
だから最終的には自分が納得した形にするのが一番いいんです。それを「かわいい」「似てる!」と言ってくれて方は元の頭の中のイメージが同じなんです。万が一「可愛くない」「ちょっとちがーう」なんて言われても気にしないでいいんです。その人とは違う目で見てるんだと思うだけです。はははは。
シンプルなものを納得して作れるようになればパーツがたくさんついている複雑なキャラももう安心です可愛く作れます。時間はかかりますけどね。
まずはピングー作ってみましょう〜〜。
何度も繰り返し作るのも上達の道ですよ。技術の問題ではなくイメージできるかなんですね。
 

Please Login to Comment.